会社設立の場所

会社設立の場所について

会社設立をしようと考えた場合、場所はどこにすればよいのだろうと悩むことがあるはずです。

会社を設立する場合は、住所を登記しなければいけません。どこでも登記することは出来ますが、事業内容によっては住所が影響をあたえてしまうこともありますので、注意が必要です。登記した後の本店所在地の変更は費用がかかってしまいますので、慎重に決めるようにしましょう。

会社設立の時の場所が最も影響をあたえるものは、取引先にとってのイメージです。オフィス街の一等地などにある場合と、聞いたこともない所にある場合では、まったくイメージが異なってきてしまいます。

地場産業を行うための会社設立であれば、地方であってもよいですが、競争が激しい業界であれば、信用性の高いところに本店があった方が仕事をしていく上でとても有利になってきます。企業は、取引先に対して信用調査を入れることがありますので、その時に、住所がどこにあるかはとても重要なポイントになってくるのです。

競争がとても激しい業界で仕事をしていくつもりであれば、オフィス街に会社設立をするようにしましょう。その方が、仕事がしやすくなります。

しかし、インターネット通販のように取り引きをする相手が個人である場合は、会社設立する所がビジネスにそれ程影響をあたえることはありません。そのため、個人客相手であれば、自宅でも十分です。

また、中には、賃貸マンションの部屋を借りていて、そこで登記をしたいという時は、家主に確認することが大切になってきます。

会社登記をすることが出来ないと、契約上、決められていることもあるのです。事務所として使用するのであれば、別途料金を請求されることもあるので、注意しましょう。表札などに会社の名前を設置してもよいのか、確認することも大切です。

登記する時は、マンション名を記載しない方がよいです。マンション名が入っていると、小さな会社だと思われてしまう可能性があります。

自宅を会社設立の場所にする場合は、経費がほとんどかからないことがとても大きなメリットになります。但し、個人の住所が知られてしまうというデメリットもありますので、注意するようにしましょう。もうひとつのデメリットは、打ち合わせなどが行いにくいということです。顧客の訪問を受けることが難しくなるため、ビジネスの幅が広がっていく可能性が低くなります。

このように、会社設立の場所は、ビジネスの内容によって異なってきます。取引先や内容をしっかりと確認してから、決めるようにしましょう。